新時代を駆け抜ける e-Sports界の「Z世代」/ 今 考える 日々の生活、仕事観、お金のこと。

2022年5月『Apex Legends部門』を立ち上げ、
目下世界一を目指しているe-Sportsプロチーム「GHS Professional」。
夢の実現に向けて日々 邁進しているGHS Professionalの
Karaajuさん(左)、きのこゲンジさん(中央)、Rayghさん(右) に、プロe-Sportsプレイヤーとしての
普段の生活や仕事観、お金への考え方を語ってもらいました。

GHS Professional特別インタビュー「今考える、日々の生活・仕事観・お金のこと」

SONY銀行 キャンペーン実施中

e-Sportsに興味を持ったきっかけ

Karaaju(カラージュ):何年か前に『Apex Legends』や『Fortnite』などで活躍されていた、shroud(シュラウド)さんという外国人プロゲーマーがいて、そのプレイを見てe-Sportsに興味を持ちました。当時は『CS:GO』(『Counter-Strike:Global Offensive』)というゲームが一番うまいプレイヤーと言われていて、その強さに惹かれましたね。

きのこゲンジ:僕は『Overwatch(オーバーウォッチ)』がブームになり始めた頃に、公式大会のオーバーウォッチ・リーグを見る機会があって「こんなに広い会場でゲームができるんだ!」と思ってから意識するようになりました。「1回でいいからあの舞台でプレイしたい!」と思うようになりました。

Raygh(レイ):僕は昔から趣味でゲームをやっていたのですが、『Apex Legends』に触れてから大きく変わりました。最初は友達と遊びで参加していたのですが、何度か参加しているうちに「負けたくない!」という気持ちが芽生えて、競技として注目するようになりました。

―― e-Sportsのプロ選手としての生活はもう慣れましたか?

Karaaju:もともとそういう生活だったので、今もその延長線上にいる感じです。プロになってからは毎日が楽しすぎて天職かも知れないと思っています。

きのこゲンジ:昔から「強さ」を求めていて、プロになった今も同じ意識でプレイしています。きついとか辛いとか感じたことはないですし、むしろゲームができない方が焦るんです(笑)。

Raygh:僕も今の生活は楽しいですね。楽しいよりつらいと感じることが多くなったら、そこがプロとしての引き際かもしれないです。しばらくは大丈夫そうですが(笑)。

モチベーションの維持方法

Karaaju:昔はランクを上げることがモチベーションアップにつながっていましたが、今は自分よりもうまい人のプレイを見て「この人には負けたくない!」と自分を奮い立たせています。やる気の波が上下することはほぼないですが、大会の結果が良くないと落ち込みますね。そういうときは寝ます(笑)。

きのこゲンジ:1人で敵を2~3人倒せると気持ちが良くて、それがモチベーションアップにつながっています。上位レート帯の試合でそういうプレイができると「俺TUEEE(おれつええ)!!!!!」と思えるんです(笑)。逆にへこむのは敵を倒せないときですね。なので、常に気持ちの良いプレイができるように練習をしています。多少体調が悪くてもゲームをやっていると調子が戻ってきたりしますし。

Raygh:僕はモチベーションの維持についてはあまり考えたことがないです。やる気が出ない時はスパッとゲームをやめます。メリハリというか、すごく集中してプレイする時と、練習で雑談しながらプレイする時で、差をつけています。

収入と強さに対する思い

―― e-Sportsの世界は、成績が直接収入に影響する厳しい世界ですが、お金の使い方について考えることは?

Karaaju:今は収入に満足していますから、お金について深く考えたり不安に思ったりすることはないですね。ただ「収入に見合う成果を出そう」とはいつも思っています。

きのこゲンジ:お金の管理は親に頼れているので不安はないです。そのぶんゲームに集中できています。もしお金に困る事態になったら、1年間お金を貯めるために働いて1年後にまたプロの世界に戻るという選択をするかもしれません。今はお金のことよりも「もっとTUEEE相手と戦いたい!」という気持ちですね。

――『ドラゴンボール』の悟空みたいですね(笑)

Raygh:僕は物欲がなくて、最低限の生活ができれば良いと思っています。むしろ、お金よりも報酬額に見合うパフォーマンスを発揮できるかどうかが心配で、パフォーマンスが発揮できないときは不安になります。怒られるんじゃないかと(笑)。

―― 賞金を稼いでお金持ちになりたい?

Karaaju:思わないです(笑)。お金が欲しい気持ちよりもゲームがうまくなりたい気持ちのほうが強いです。

きのこゲンジ:「好きなことをしているだけでお金がもらえる!?」という感覚です。

Raygh:もし大金が手に入っても、預金残高を見てニヤニヤするぐらいですね(笑)。

―― 生活費を管理したり貯金をしたりは?

Karaaju:親と同居しているので家賃の半分と携帯代は支払っていますが、管理はせずに残りは貯金に回しています。

Raygh:僕は「支出額が収入額を超えなければいい…」程度の管理です。

きのこゲンジ:親から「貯金をしなさい!」と良く言われます。でもついゲームは買っちゃいます。

現金派? キャッシュレス派?

Karaaju:交通系電子マネーを使うことが多いのでキャッシュレス派です。使う比率は現金3:電子マネー7ぐらいです。

きのこゲンジ:親に現金を持つことを勧められているので現金派ですが、たまに交通系電子マネーを使いますから使用率は現金9:電子マネー1ぐらいでしょうか。

Raygh:僕は買い物の金額で使い分けています。お金をたくさん財布に入れて持ち歩くと落としそうなので、5千円以上の買い物はクレジットカードを使っていますね。クレジットカードの便利なところは高い買い物をするときに現金を使わずに済む点です。お金を下ろす時間が省けますし、お金を持ち歩く心配もありません。ただ物欲があまりないのでお金の使いみちも限られるんです。友人と呑みに行くとか、髪を切るぐらいです。ゲームに使うパソコンと周辺機器もチームに所属していると提供されますので、購入する必要がないんですよね。

現金感覚で使える Sony Bank WALLET

―― クレジットカードと同じように使えて15歳から作れる Sony Bank WALLET というカードがあります。
今回は“PlayStationデザイン”のカードをお持ちしました。

きのこゲンジ:PlayStationのロゴが入っているのがかっこいいですね!

Karaaju:僕たちはゲーマーなので、通常デザインのカードよりも親しみが持てます(笑)

―― お買い物をすると、ご自分の預金口座から代金がすぐに引き落とされるデビットカードというものです。

Raygh:カードの両側にVisaデビット/海外ATM用とキャッシュカード用のマークが分かれているのがおもしろいです。クレジットカードだと1つですもんね。海外だとお金を下ろす場所に日本語表記がなくて苦労しますけど、このカードを1枚持っているだけで対応できるのはとても便利だなと思います。預金額以上は使えないのも助かりますね。いつ天狗になって散財するかわからないですから(笑)。クレジットカードを持っている僕から見てもすごく魅力的です。

Karaaju:確かに口座にある金額以上は使えない点に安心感があります。15歳以上から作れるみたいなので友人にもおすすめできそうです。

きのこゲンジ:現金を使うのと同じ感覚で使えそうですよね。友人に勧めるならクレジットカードよりもこっちをおすすめしたいです。

世界中で使える Sony Bank WALLET の利便性

Raygh:僕は今まで何か国か渡航していますけど、海外での買い物はクレジットカードがメインで、現金しか使えないお店もあって面倒な部分がありました。ある程度の外貨は両替して持って行くんですけど、足りなくなったときがちょっと手間ですよね。

Karaaju:治安にもよりますけど現金を持ち歩くのはやっぱり不安です。夜だと特に。現金よりこういったカードで持ち歩くほうが安心感があります。

きのこゲンジ:口座に入っている分しか使えないということは、ほとんど現金みたいな感覚で使えるし、万が一紛失したとしてもカードだから直ぐに止めて再発行できるから安心です。スマートフォンからも支払いができるのは良いですね!

Raygh:海外は大柄な人が多いので、細身で小柄な僕は身構えてしまうんです。そういうときに現金を持っていると不安になるので(笑)、Sony Bank WALLET なら安心です。

―― デビットカードは代金即時払い式ですが、その点への不安は?

Karaaju:即時払いの方が安心です。後払いだと家計簿に記録しておかないと何に使ったかがわからなくなりそうです。Sony Bank WALLET はスマートフォン用のアプリもあるし、使用履歴がすぐに確認できるからとても便利ですね。

きのこゲンジ:僕も即時払い派です。クレジットカードだといつの間にか大金を使っていそうで。

Raygh:僕も即時払いですね。後払い式は使い過ぎそうで怖いです。

Sony Bank WALLET を使って買ってみたいもの
でもやっぱり頭の中はe-Sports 一色!

―― 海外で買ってみたいものは?

Karaaju:日本にないゲーミングデバイスとかを調べて買ってみたいですね。安くなっていたら買い占めたいです(笑)。

きのこゲンジ:海外限定超レア品とか!

Raygh:仕事の買い物も良いけど、食事や観光など「体験」にもお金を使いたいですね。お城を見たりとか!

―― Sony Bank WALLET は、PlayStation Storeの支払いにも使えます。ちなみに、PlayStation Store利用額の2%がキャッシュバックされます。

きのこゲンジ:すごい! それならプリペイドカードを買わなくても買い物ができますね。

Raygh:『Apex Legends』の課金も気軽にできる(笑)。Sony Bank WALLET が1枚あれば国内でも海外でも便利に買い物できちゃいますね。クレジットカードとは別にこれも使いたいと思います。

Karaaju:今後は交通系電子マネーよりも Sony Bank WALLET を日常の買い物に使いたいです。

きのこゲンジ:今回、本当に Sony Bank WALLET の良さがわかったので、「脱・現金派」として国内外問わずこれから使っていきたいですね。

GHS Professional
GHS Professional

株式会社アニマックスブロードキャスト・ジャパンと、株式会社FAT TRUNKによる共同プロジェクトに発足したe-Sportsプロチーム「GHS Professional」。2022年5月にAPEX LEGENDS部門を立ち上げ。Raygh、Karaaju、きのこゲンジの3名と共に世界一を目指します!

Raygh(レイ)
Raygh(レイ)

千葉出身の23歳。

小学生の頃からFPSゲームをプレイして国内上位に上り詰めた経歴を持つ。新チーム「GHS Professional」は最年長でチームのIGL(インゲームリーダー)として年下組を引っ張っていくリーダー的存在。競技シーン3年目の経験を武器に若い2人をコントロールして、次期の大会で世界を獲る!

Karaaju(カラージュ)
Karaaju(カラージュ)

東京出身の18歳。

高校の時に初めて『APEX LEGENDS』に触れ本気でプロを目指し始めるも、ゲーム業界では、遅すぎるスタートを血の滲むような努力でカバー。見事、昨年プロの座を勝ち取った、努力の天才。今年、高校を卒業し、新チーム「GHS Professional」として新たなスタートを切る。16歳からFPSを始めた努力の天才が競技シーン2年目にして本気で世界を獲る!

きのこゲンジ
きのこゲンジ

北海道出身の17歳。

3歳の頃から父の影響でオンラインゲームを始める。数々のオンラインゲームで最高レートを達成する偉業を成し遂げ10歳で日本1位を獲得。15歳の頃に『APEX LEGENDS』初の公式世界大会に招待されるものの年齢制限で出場できず、悔しい思いをした。そんな彼が満を辞して新チーム「GHS Professional」のメンバーとして新たなスタートを切る。FPSの申し子と言われた彼がいよいよ世界に挑戦する。

SONY銀行 キャンペーン実施中